トップページ > 地域計測分析機器情報提供システムとは

地域計測分析機器情報提供システムとは

地域計測分析機器情報提供システムとは

 このシステムでは中堅・中小企業を始めとする産業界の皆様が研究開発活動において、地域の大学・公設研等の保有している計測分析機器情報を利用する際に、どのような機器がどこにあるのか、利用のための窓口がどこにあるのかを調べることができます。このような連携を大学・公設研等と進めることにより地域としての研究・事業化環境の充実を図るものです。このシステムは「知の拠点あいち」を中心に、協力の得られる大学・公設試等から段階的に取り組みを始め、将来的には県内、あるいは東海地域を結ぶネットワーク化への拡大を目指していきます。

システムの特徴
 ・地域の大学・公設試験研究機関で利用できる機器データを収集しています。
 ・機器名はもちろん、試験対象や評価内容で適切な機器を絞り込むことができます。
 ・利用事例を載せていますので、活用方法が調べられます。
 ・利用相談窓口がわかります。

○「知の拠点あいち」
 愛知県は付加価値の高いモノづくり技術を支援するため、最先端の研究開発拠点となる「知の拠点あいち」を整備しています。
 新技術の開発・実用化や新産業の創出を促進する産学行政連携の研究プロジェクトを展開し、付加価値の高い製品・素材につながる技術の創造を目指します。