機器を探す

 大学または公設試験研究機関等には、研究・技術開発に必要な高度な計測分析機器が整備され、一部の機器は研究・技術開発を行う企業の方のために開放利用・依頼分析などができるようになっています。 このシステムでは、それら中から必要な装置を探し、活用方法を調べることができます。

検索条件の入力

検索条件を指定し、検索実行ボタンをクリックしてください。

機器分類名
試験・評価
対象材料




















試験・評価
したいこと



























キーワード
機器保有機関名

該当件数は47件 頁1/3    次の20件→    機器名をクリックすると詳細情報(写真、利用事例、メール問合せ等)を表示します

機器名 メーカー名
型式
主な仕様
設置機関名
機器管理者名
恒温恒湿室 エスペック株式会社
TBE-8H20W6PACK
温湿度制御
温度:-40~+80℃(無負荷 温度調節幅:±0.3℃)
湿度:10~95%RH(無負荷 湿度調節幅:±2.5%RH)
温度下降:+20→-40℃迄180分以内(無負荷・無試料)
温度上昇:+20→+80℃迄60分以内(無負荷・無試料)
温湿度分布:±0.75℃/±5.0%RH
試験室
室内寸法:W4,000×H2,100×D4,000mm
床面荷重:10kPa【1000kgf/m2】(等分布荷重)
両開扉:W2,500×H1,800mm
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
中型恒温恒湿装置 株式会社ナガノ科学機械製作所
LH40-13P
温度範囲:-40℃~+100℃
湿度範囲:20%RH~98%RH(最大時。設定温度により違いあり。)
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
手動油圧加熱冷却プレス (株)井元製作所
IMC-1AB5型
加熱板寸法 200mm角
冷却板寸法 240mm×200mm
温度調整範囲 室温~300℃
ストローク 加熱側:0~50mm 冷却側:0~50mm
加圧力範囲 Max10ton
冷却方式 水冷式(循環水)
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
フィラメントワインダー 旭化成エンジニアリング株式会社
取付可能マンドレル:太さφ5~600㎜、長さ1,500㎜
ロービング数:2本
最大張力:50N
対応可能樹脂:熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂
巻きパターン制御:フープ、ヘリカル、タンク、段付き、球
※詳細は直接ご確認ください。
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
射出成形機 東洋機械金属(株)
PLASTAR Si-15V
装置本体
 スクリュー直径:φ18mm(耐摩耗仕様)
 最大射出速度:300mm/s
 型締力:147kN
 成形可能温度:~400℃
 金型温度調節機
 最高温度:120℃
所有金型
 ダンベル形引張試験片:JIS K7139 A13に準拠
 短冊形試験片:80mm×10mm×4mm
 ギア形状
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
小型ホットプレス機 株式会社井元製作所
IMC-1A46型
加熱板寸法 450mm角
温度調整範囲 室温~300℃
ストローク 約150mm
加圧出力 8~30ton
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
超音波溶着装置 精電舎電子工業株式会社
ΣG2210SS / DΣP80SS
エアシリンダ駆動(φ80)
ストローク:120mm
プレス加重範囲:490~2,940N
着制御モード:時間/エネルギー/沈み込み
治具取付定盤寸法:530(W)×490(D)mm
超音波発振器
  公称出力:2,000W
  発振周波数:19.15KHz
デジタルPLL周波数自動追尾制御
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
ホットプレス Pinette Emidecau Industries
型締力:50~500トン
オープンデーライト:1,400mm
材料加熱範囲:180℃~450℃
最大金型サイズ:1,200×1,200mm
最大材料:1,000×1,000mm
加熱プラテン搭載
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
手動熱プレス装置 株式会社丸東製作所
ML-43-31
加圧方式:上熱板可動方式
熱板サイズ:300×300mm
温度調節範囲:室温~300℃
最大ストローク:150mm
最大加圧力:80kN
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
ハイブリッド成形機 芝浦機械株式会社(旧東芝機械株式会社)
射出成形機:東芝機械製 EC100SXⅡ
 射出・型締め:横射出、横型締め
 射出質量(PS): 94g
 可塑化能力(PS): 61kg/h
 最大射出圧: 220MPa
 型締め力: 980kN
 スクリュー: 32mm
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:三重県工業研究所 ものづくり研究課
樹脂用混練機 株式会社ムサシノキカイ
・最大温度450℃
・ロータ最大トルク1.96kN・m
・ストランドダイ付
・真空ポンプ付
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:石川県工業試験場 複合材料技術開発PJ室
試験用フィルム成形押出機 株式会社プラスチック工学研究所
・ベント機構付き押出機3台
・最大温度450℃
・最大幅500mm
・炭素繊維織物を繰出すローラ機構付き
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:石川県工業試験場 複合材料技術開発PJ室
ファイバーレーザ加工機 株式会社IHI検査計測
YLS-5000-S2T
・レーザ波長;1070-1080nm
・発振形態 ;連続発振(CW
・最大定格出力 ;5000W
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:富山県産業技術研究開発センター企画管理部企画調整課
複合化成形サーボプレス機 コマツ産機株式会社
H1F200-2
・加圧能力: 2,000 kN(下死点上6 mm以上)
・最大ストローク数: 50 min-1
・ダイハイト: 450 mm
・スライド寸法: 850 mm×650 mm(左右×前後)
・ボルスタ寸法: 1,450 mm×840 mm(左右×前後)
<ダイクッション>
・作動方式: ACサーボモータ
・ダイクッション能力: 200kN
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:富山県産業技術研究開発センター企画管理部企画調整課
CFRP用プレス 株式会社大阪ジャッキ製作所
K.O付1,000kN C形試験機
加圧力:200~1,000kN
テーブル寸法:900×400mm
ストローク:300mm
デーライト:600mm
作動速度:無負荷下降 20.0~115.0mm/sec,加圧1.0~20.0mm/sec
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター
ウオータージェット加工機 株式会社フロージャパン
Mach 3b
最高吐出圧力:414MPa
切断可能エリア:W1000×D700×H200mm
最高切断速度(X軸、Y軸):7620mm/min
繰り返し速度(X軸、Y軸):±0.025mm
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
5軸NC加工機 ヤマザキマザック株式会社
VARIAXIS630-5XⅡ
熱変位:8μm以下、室温変化:8℃
円弧補間精度:4μm以下(X-Y平面、F559mm/min)
最大積載ワーク寸法:φ730×H500mm、500kg
高速高精度チルトテーブル:A,C軸とも0.0001度制御  
主軸15,000rpmグリース潤滑BigPlus仕様
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
ウォータジェット加工機 Flow International Corporatio
FlowMach3 1313b-XD
ストローク:XY軸1300mm,Z軸120mm,吐出圧力378MPa コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:岐阜県産業技術総合センター 産学連携部
クリープ試験機 株式会社マイズ試験機
No.525
ロードセル:5kN× 3 組、 50kN × 3 組( 6 組同時に試験可能)
測定範囲:200 mm
恒温槽:20~200 ℃(温度分布 1 ℃、 100 ℃以上は 1%)
治具:平板つかみ具、丸棒つかみ具、曲げ治具、圧縮治具
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:石川県工業試験場 複合材料技術開発PJ室
複合材界面特性評価装置 東栄産業株式会社
HM410
測定項目:界面せん断強度/接触角
ロードセル:1N,5N
引抜速度:標準0.03mm/min (任意設定可)
コンポジットハイウェイコンソーシアム公設試ネットワーク
管理機関:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター